スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカルショット:三菱重工業

<7011>三菱重工業
メリルリンチが投資判断「買い」を継続し、目標株価を390円としている。テクニカル敵には一目均衡表で株価が転換線をゴールデンクロス。買いシグナル点灯。ストキャスティクスも買い転換。価格帯別出来高の壁を越えてきた。株価の動きは底堅い。4月28日(火)に決算が発表される。

テクニカルショット:メッセージ

<2400>メッセージ
好業績の出遅れ銘柄として物色。3Q進捗率75.4%と好業績。PER 11.60倍は割安。株価は下落トレンドを続けていたが、三本新値好転。価格帯別出来高のフシをサポートとして、株価は一目均衡の雲に突っ込んだ形。ボリンジャーマイナス2σからの反発、短期トレンド転換を予測。

ダウ景気底打ち期待で大幅続伸

週末24日のニューヨーク株式相場は、住宅市場の底打ちを示唆する景気指標や、市場予想を上回る企業業績が好感され、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比119.23ドル高の8076.29ドルと大幅続伸して引けた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同42.08ポイント高の 1694.29で終了した。

前日に発表されたアメリカン・エキスプレスとマイクロソフトの決算はいずれも大幅な減益。また、フォード・モーターの決算も4・四半期連続の赤字となったが、いずれも市場予想より良好な内容だった。

また、3月の米新築住宅販売は前月比0.6%減と小幅な減少にとどまり、「住宅市場は底入れしつつある」(米エコノミスト)との期待感が高まった。 米連邦準備制度理事会(FRB)は午後、大手金融機関を対象に実施した特別検査の方法などを発表。市場では、「検査の内容は想定していたよりも厳しくない」(別の米エコノミスト)として、買い安心感が強まった。

個別銘柄では、バンク・オブ・アメリカやウェルズ・ファーゴなど大手銀が上伸。アメリカン・エキスプレスは約20%急騰。アルコア、ダウ・ケミカル、3Mなど景気敏感株も買われた。ハイテク関連では、マイクロソフトが大幅高。

PER 算出不能に

週末24日の日経平均株価は、前週末(17日)に対し199円安(2.2%)と2週続けて下落した。主要指標では前週末比でTOPIXが1.7%、大型株指数も2.2%それぞれ下落。特に、日経平均株価の予想1株利益は遂に「赤字」へ落ち込み、PERは算出不能となった。 ジャスダック平均は0.1%と小幅上昇。

東京市場反落

東京市場は米国株式市場の反発が好感されたものの、ビッグスリー問題で来週にもクライスラーが破産法適用を申請する可能性があることや、国内企業の決算発表が本格化することでそれを見極めたいとのムードが広がり、週末ということもあって決め手となる手掛かりが乏しく手控えからジリ安の展開。

週末、決算発表を控えたポジション調整の売りが進み、大引けで日経平均株価は前日比139.02円安の8707.99円と反落して取引を終了。東証1部の騰落は値上がり426銘柄に対して値下がり1175銘柄、変わらずが103銘柄。
プロフィール

StockMaster

Author:StockMaster
投資家StockMasterが、毎日の相場に不可欠なレーティング情報、決算情報、海外トピックスなどを厳選して掲載しています。

明日買う銘柄がわかる。相場、個別銘柄のテクニカル分析なども織り交ぜながら、ファンダメンタルズ、テクニカル両面から相場を読み解いていきます。

四季報情報
株価チャート
世界の株価指数
只今のマーケット
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場天気予報
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。